仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

多汗症とは

『多汗症』とは、通常よりも多い汗をかく病気の総称です。
多汗症には原発性(原因が不明な)多汗症と、二次性(他の病気によって起きている)多汗症があります。
二次性多汗症の代表が『甲状腺機能亢進症』です。これは、全身の汗が増える以外に、動悸や体重減少などが起きることが多いです。
また、局所的に汗が増える(たとえば右上半身だけが異様に汗をかく、食事の時にあごあたりだけ汗をかく、など)場合は、汗に関与する神経(交感神経)が何らかの圧迫などによって刺激されていることもあり、詳しい検査が必要となることもあります。