仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

帯状疱疹後神経痛の診断

帯状疱疹急性期にあった痛みが引き続き残ることを『帯状疱疹後神経痛』と言います。帯状疱疹の発疹の部位に一致していることが重要です。通常は急性期から痛みが途切れることはありませんが、いったん落ち着いていても季節の変わり目などの時に痛くなることもあります。発疹のあった部位の感覚が落ちていたり、しびれていたりすることが多いです。