仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

多汗症の治療法(内服療法:飲み薬)

多汗症の内服による治療は、軽症の方には大変効果的です。まずは一度試されることをおすすめします。
また、外用薬(塗り薬)と併用するとより効果的な場合が多いです。
内服薬にはいくつか種類がありますが、大きく分けて以下のように分類されます。

  • 緊張を抑える薬:汗が出るんじゃないかと思うとよけい緊張します。これを抑える薬です。国が効能効果を認めているものもあります。軽症な方はこれだけで充分なことも多いです。代表的な薬剤はグランダキシンなどです。
  • 汗の分泌を抑える薬:神経からは汗を出す信号(アセチルコリン)が出て汗腺(汗を出すところ)に作用しますが、このアセチルコリンの分泌を抑える薬です。効果的ですが、口渇などの副作用が強い方もいらっしゃいます。代表的な薬はプロ・バンサインです。
  • 不安を抑える薬:多汗症の方は不安が強い方が多いようです。

ただし、連日のように飲み続けないといけないことや、重症の方には効果ないことが欠点です。
また、薬に敏感な方は眠くなることがあります。この眠気は数日のうちに消失するのが普通ですので、その間は長距離の運転などは避けてください。