仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

多汗症の治療法(外用療法:つけ薬)

多汗症の外用薬(つけ薬・塗り薬)による治療は、軽症の方には大変効果的です。まずは一度試されることをおすすめします。
また、内服薬と併用するのが効果的です。特に腋窩多汗症の方はより効果的な場合が多いようです。

多汗症の外用薬による治療は、塩化アルミニウムローションによる治療法です。塩化アルミニウムローションによって汗が減るメカニズムは、汗腺の働きが徐々に抑えられていくことによります。よって、しばらくの間はこまめに塗ることが必要となります。肌が敏感でまけやすい方以外は一度は試していただいた方がいいかもしれません。
副作用は皮膚のかぶれだけですので、以前アルミニウムとアルツハイマー病との関係が話題になったことがありますが、外用で使用する限りはほとんど問題になりません。