仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

ぎっくり腰

「重たい物を持った途端、腰がぎくっといった」
「立ち上がろうとした途端、腰に電撃痛が走った」

このように、ある日突然腰が痛くなり動けなくなるのが、『ぎっくり腰』です。
ぎっくり腰は急性腰痛症の主な原因のひとつで、多くの方が経験します。
ぎっくり腰の特徴として、

    • 動かなければ痛みがないこと
    • 動くときに痛みが腰に出ること
    • 足のしびれや痛みは伴わないこと

が挙げられます。
通常1週間程度で痛みが治まることが多いですが、仕事などを数日休まなければならないこともあります。

原因は背骨にある関節(椎間関節)の一時的な炎症です。
腰をねじりながら前後に曲げたりするときに起きやすい、といわれています。
また、腰椎椎間板ヘルニアの初発症状として起きることもあります。その場合は、足のしびれや痛みを伴うことも多いです。

治療は、湿布・コルセット・安静・痛み止めの内服などで対処することが多いです。
これらで痛みが改善しない場合や仕事が休めない場合などには、神経ブロック療法が有効です。
椎間関節ブロックや硬膜外ブロックなどを行うと、すぐに痛みが取れることもあります。