仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

群発頭痛について

 『群発頭痛』には、以下のような特徴があります。

  • 背の高い男性に多い(女性の4~7倍)
  • 20歳~40歳頃
  • 群発期には毎日1~2回、間欠期には頭痛発作が全くない
  • 群発期と間欠期には一定の周期がある
  • 毎日同じ時間に発作が起きる(明け方に多い)
  • 発作的に起こり、45分~2時間持続
  • 必ず片側に出現する眼のあたりの痛み
  • 耐えられない痛みで、じっとしていることができず歩き回る
  • 発作側の結膜充血・流涙・鼻閉・鼻汁を伴う
  • 緊張から解放されたとき、飲酒などで誘発されやすい
  • 飲酒や喫煙を好む人に多い
  • 嘔吐や前兆はみられないことが多い

群発頭痛の治療法

  1. イミグランの自己注射
    群発頭痛の診断がついたら、通常はイミグランの自己注射を行います。
    自己注射すると5分~10分で痛みが軽快します。
  2. イミグランの点鼻
    症状が軽いときはイミグランの点鼻を行うこともあります。
    トリプタンの内服はあまり効果がみられません。
  3. 内服療法
    ワソランやステロイドの内服を行うこともあります。
    発作を弱くする働きがあります。