仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

腋窩多汗症とは

 『腋窩多汗症』とは、特にわきの下に多量の汗をかく病気です。よく『わきが(腋臭症)』と混同されますが、別の病気です。

『わきが』は、わきの下の汗のうち油分の汗を出すアポクリン腺という部分からの汗が多い人を言います。そのため特有のにおいがあるのが特徴です。
『腋窩多汗症』はエクリン腺という、水のような汗を出す部分からの汗が多い人のことを言います。エクリン腺は全身に分布していますが、アポクリン腺は通常腋窩や陰部などにだけあります。
わきの下の汗が多いと『わきが』と思われがちですが、あまりにおいがなく、水のような汗の場合は『腋窩多汗症』である場合が多いです。ワイシャツやTシャツがわきの下だけ濡れるというのは、『腋窩多汗症』です。

もちろん汗は多量ですと皮膚常在菌によって多少のにおいを発します(いわゆる汗くさい状態)が、ツンとした臭いではないのが『腋窩多汗症』の特徴です。


腋窩多汗症の症状

 腋窩多汗症の方は主にわきの下に汗をかきますが、手のひら(手掌)や足のうら(足底)にも汗が多い方(手掌多汗症と腋窩多汗症の合併)の方もいらっしゃいます。どちらの症状がひどいか(手の汗か?、わきの汗か?)によって、治療を選択していきます。

わきの汗は、緊張したときと暑いとき両方ともかきます。緊張したときにかく汗を「精神性発汗」と呼びます。また暑いときや運動したときなども汗をかきますが、このときの汗を「温熱性発汗」といいます。わきの汗は精神性発汗と温熱性発汗の両方ででます。
通常問題となるのは、精神性発汗がさほど緊張していないときでも出ることです。いわゆる「わき汗」として服にしみることが困ります。そのため汗が目立つような濃い色の服を着られなかったり、上着を脱いだりできないなどの症状があります。