仙台ペインクリニックのホームページにようこそ!

三叉神経痛とは

いわゆる顔面神経痛と呼ばれている、顔の痛みの病気です(ちなみに顔の筋肉を動かす神経は「顔面神経」ですが、顔の感覚や痛みなどを伝える神経は「三叉神経」といいます。顔の痛みですので、三叉神経の痛みということで、三叉神経痛といいます)。
 
三叉神経は名前のとおり、3つの枝に分かれています。
一番上の枝(V1)は、額や頭の前の方の感覚に関与しています。
真ん中の枝(V2)は、上あごや上の歯や歯肉の感覚を伝えています。
一番下の枝(V3)歯、下あごや下の歯や歯ぐき、舌などの感覚を伝えています。
三叉神経痛とは、この3本の神経のどこか(複数もあります)が異常に過敏になる病気です。