腰痛の診断


腰痛をきたす疾患は,いろいろありますが,筋肉痛のようなものから,足のしびれを呈するものまでさまざまあります。そのうち重症で仕事などにも影響のある疾患としては,若い人では腰椎椎間板ヘルニアが,年配の方では腰部脊柱管狭窄症が代表的な疾患です。また,どの年代の方にも急性腰痛(ぎっくり腰)をおこすことがあります。ぎっくり腰は突然起きて動けなくなることのある極めて生活に支障のある腰痛です。
これらの腰痛の主な疾患の特徴なをご紹介しましょう。